【おすすめ記事】世間でのイメージは

どんな時に介護職として幸せを感じるのか?

介護職の「やりがい」にせまる

介護職の「やりがい」にせまる

【介護職の「やりがい」にせまる】は介護の仕事に興味はあるものの、ネガティブなイメージと暗い話題が気になり転職を躊躇している人に向けて、介護職のやりがいや魅力を紹介するサイトです。当サイトで介護職が感じられる幸せについて知り、介護職に就くきっかけになれば幸いです。転職を決意した人に向けて、自分にあった職場の探し方も一緒に紹介しているのでそちらも参考にしてください。

カテゴリ一覧
  • まずは介護職は世間のイメージ通りなのかどうか、検証していきましょう。介護職は3Kだとも言われていますが、それは体力を必要とする業務が多く、他人の排泄物を処理したり、集団感染になるリスクが高いからです。ですが、実際に介護の現場で働いている職員は3Kをつらいとは感じていません。むしろ、人手不足で理想とする介護ができないことをつらいと感じています。高齢化社会は今後も続いていくとされているので、長い目で人材を確保することを考えなければなりません。

  • ネガティブなイメージが強い介護職ですが、職員はどのような部分にやりがいを感じているのでしょうか。介護職のやりがいは、介護を通じて要介護者が回復している様子を実感できることです。「きつい」「きたない」「きけん」の3Kのリスクもありますが、ヘルパーズ・ハイの状態で働いているため、それを上回るやりがいを感じながら日々の業務にあたっています。ただし、ヘルパーズ・ハイが行き過ぎて過剰な支援になってしまうと、回復を阻害してしまうので注意が必要です。

  • ストレスを感じながら働いている職場では質の高い介護はできません。職員自身が満足して働ける環境でなければ、要介護者につらく当たってしまう可能性があるからです。要介護者に寄り添った介護を実現するためにも職場は慎重に選びましょう。業界の事情に精通し手厚いサポートで求職者を支える転職エージェントを利用すると働きやすい職場を効率的にみつけることができます。当サイトがおすすめする転職エージェントは未経験者や無資格者向けの求人が豊富な「きらケア」と「かいご畑」です。

ヘルパーズ・ハイとは?

特集記事
  • 世間でのイメージは 世間でのイメージは

    なぜ介護職がネガティブなイメージが強いのかを詳しく解説しています。3Kとも言われている介護職ですが、そう思っているのは大人だけで中学生や高校生は社会貢献度が高い仕事だと考えています。

  • やりがいを感じる部分 やりがいを感じる部分

    つらく大変な仕事だと思われている介護職ですが、実際に働いている職員は日々やりがいを感じながら業務にあたっています。体力的な負担はありますが、人の役に立っていると実感できる喜びが大変さを大きく上回っています。

  • 理想の職場を見つけるなら「きらケア」 理想の職場を見つけるなら「きらケア」

    介護職として幸せを感じながら働きたいなら「きらケア」を利用して求人を探しましょう。介護業界に精通したアドバイザーが転職する前だけではなく入職後も手厚くサポートしてくれるので安心です。