【おすすめ記事】資格取得支援のある「かいご畑」

介護職が幸せを感じるかどうかは職場選びが重要になる

職場選びの重要性

ブラックな施設や事業所では幸せは感じられない!

自己犠牲を強いる職場ではストレスが溜まるだけ

介護施設や事業所の数は年々増加しています。介護職にとっては選択肢が豊富にあるので有利な状況ですが、すべての職場で介護職としての幸せを感じながら働くことはできません。介護職が働きやすいのは職員のことを一番に考えてくれる施設ですが、中には介護を献身的にお世話するために身を尽くすことだと考えている施設や事業所もあるからです。「身を挺して働きなさい」という施設で働き続けてもストレスが溜まってしまうだけです。重大な事故や虐待につながってしまってもおかしくありません。
介護は人のためになる仕事ではありますが、自己犠牲を要求される仕事ではありません。職員自身が満足した状態でなければ質の高い介護はできないでしょう。自己犠牲を強いる施設や事業所の数はそれなりにありますが、どの職場を選ぶのかは求職者に決定権があります。今後はこのようなブラックな環境の施設や事業所は淘汰されていくことでしょう。

職員の幸せを論点にする経営者は少ない

質の高い介護を行うためには職員が幸せを感じられる、働きやすい環境であることが大切です。しかし、職員の幸せよりも利用者のサービス向上ばかりを重視する経営者もいます。確かに、目指すべき目標や理念は必要ですが、働いている職員が幸せだと感じていなければサービスの向上にはつながりません。サービスの向上を重視するのであれば、同時に職員が満足するシステムも構築しなければならないのです。
ほとんどの施設では利用者にとってより良い介護を行うことを理念として掲げていますが、その裏には犠牲となっている職員もいることを忘れてはいけません。そもそも職員との信頼関係がなければ、施設や事業所の経営は成り立ちません。利用者だけではなく職員のことも真摯に考えてくれる施設や事業所を探しましょう。

自分に合った職場を見つけるには

将来性の高い介護職は求人数も豊富です。ハローワークや求人情報誌、求人サイトなど、どの手段を使っても求人を探すことはできますが、ニーズが高い分、自分にあった職場を見つけるのは大変です。数多くの求人を比較して検討し、気になるところに応募して面接を受けるとなるとかなりの時間と労力がかかってしまうでしょう。
そこでおすすめなのが、転職事情に詳しい専門のコンサルタントが求職者の希望と適性にあう職場を紹介する「転職エージェント」です。一般に公開されている求人だけではなく、ハローワークなどに掲載されていない非公開求人も紹介しているため、当初よりも良い条件での転職が可能です。また、転職エージェントでは求人の紹介以外にも転職相談や書類の書き方、面接対策など転職成功に向けて様々なサポートで求職者を支えています。

ヘルパーズ・ハイとは?

特集記事
  • 世間でのイメージは 世間でのイメージは

    なぜ介護職がネガティブなイメージが強いのかを詳しく解説しています。3Kとも言われている介護職ですが、そう思っているのは大人だけで中学生や高校生は社会貢献度が高い仕事だと考えています。

  • やりがいを感じる部分 やりがいを感じる部分

    つらく大変な仕事だと思われている介護職ですが、実際に働いている職員は日々やりがいを感じながら業務にあたっています。体力的な負担はありますが、人の役に立っていると実感できる喜びが大変さを大きく上回っています。

  • 理想の職場を見つけるなら「きらケア」 理想の職場を見つけるなら「きらケア」

    介護職として幸せを感じながら働きたいなら「きらケア」を利用して求人を探しましょう。介護業界に精通したアドバイザーが転職する前だけではなく入職後も手厚くサポートしてくれるので安心です。