【おすすめ記事】「介護」の概念について考える

つらいことばかり?!介護職はどんな仕事?

介護職はつらい仕事なのか

介護職はつらい仕事なのかの記事一覧
  • 世間でのイメージは

    世間でのイメージは

    介護に対して「きつい」「きたない」「きけん」の「3K」のイメージを持っている人が多いのですが、なぜそのようなイメージを持っているのでしょうか。介護職の仕事内容から考えてみると、体力を必要とする業務が多いことや他人の排泄物を処理しなければならないこと、高齢者は免疫力が低く伝染病などの集団感染リスクにかかる可能性が高いことが挙げられます。ですが、ネガティブなイメージを持っているのは大人に多く、中学生や高校生は社会貢献度が高くやりがいのある仕事だと評価しているようです。

    続きを見る
  • 実際はどうなのか

    実際はどうなのか

    ネガティブなイメージが先行している介護職ですが、実際に働いている職員は給料の安さや変則的なシフトはそれほどつらいと感じていません。むしろ、人手不足で質の高い介護を行えないことをつらいと感じています。介護は自力で行動できない人を手助けすることで、代わりにやってあげることではありません。残っている能力を活用できるようにサポートしていくわけですが、それには時間がかかります。人手不足の状態では効率を優先しなければならないため、理想とする介護ができないことをつらいと感じるようです。

    続きを見る
  • 状況は改善されてきている

    状況は改善されてきている

    人手不足のままでは効率ばかりが優先されるため、介護職の幸せを感じながら働くことはできないでしょう。そういった状況を打開するために厚生労働省では様々な取り組みを行っています。そのひとつが、人材の育成です。ネガティブなイメージが強いこともあり、介護職を希望する人の数はそれほど多くありません。まずはネガティブなイメージを払拭して介護職に興味を持ってもらおうと、文部科学省と提携して小学生から高校生を対象に介護職の魅力を伝える事業を行っています。

    続きを見る

ヘルパーズ・ハイとは?

特集記事
  • 世間でのイメージは 世間でのイメージは

    なぜ介護職がネガティブなイメージが強いのかを詳しく解説しています。3Kとも言われている介護職ですが、そう思っているのは大人だけで中学生や高校生は社会貢献度が高い仕事だと考えています。

  • やりがいを感じる部分 やりがいを感じる部分

    つらく大変な仕事だと思われている介護職ですが、実際に働いている職員は日々やりがいを感じながら業務にあたっています。体力的な負担はありますが、人の役に立っていると実感できる喜びが大変さを大きく上回っています。

  • 理想の職場を見つけるなら「きらケア」 理想の職場を見つけるなら「きらケア」

    介護職として幸せを感じながら働きたいなら「きらケア」を利用して求人を探しましょう。介護業界に精通したアドバイザーが転職する前だけではなく入職後も手厚くサポートしてくれるので安心です。