【おすすめ記事】状況は改善されてきている

介護職はネガティブなイメージが強い?

世間でのイメージは

大人と子どもでイメージが違う

介護=3K

世間でのイメージは

みなさんは「介護」に対してどのようなイメージを持っているでしょうか。「きつい」「きたない」「きけん」の「3K」をイメージする人も多いかもしれません。では、どのような部分が3Kだと思われているのか、介護職の仕事内容から考えてみましょう。
介護される側の人、つまり要介護者の中には自力で身体を動かすのが難しい人もいます。そのよう場合は介護職が要介護者を抱えて車いすに乗せたり、入浴を介助したりします。腰を痛める姿勢が多いので、「きつい」と感じる人が多いようです。また、入居型の介護施設では24時間体制で介護をするので夜勤もあります。変則的なシフトなので体力的な限界を感じることもあります。
寝たきりの人を介護する場合は介護職が排泄介助やオムツ交換をしなければなりません。そのため、「他人の排泄物を処理する=きたない」というイメージがあるようです。介護職として働いている人の中にも排泄介助やオムツ交換に苦手意識を持ち、仕事だと割り切れない人もいるので、「きたない」というイメージを払拭するのは難しいでしょう。また、免疫力の低い高齢者はインフルエンザやノロウイルスなどの伝染病にかかりやすいのですが、多くの高齢者が一緒に生活している介護施設は他の施設に比べると集団感染になりやすい環境です。通常よりも感染リスクが高いことから「きけん」だとイメージする人もいます。

マイナスな印象を持っているのは大人

介護職に対してどのようなイメージを持っているかを、中学生・高校生・保護者・教員に調査したところ、中学生や高校生は社会的に高く評価している一方で、保護者や教職員は厳しく評価していることがわかりました。特に教員からの評価は非常に低く、介護職の社会的評価はあまり良くないと答えたのは約45.8%と半数近くの教員がネガティブなイメージを持っていました。これは仕事のやりがいよりも、賃金や労働時間に対する不安や精神的・身体的な負担が大きいと感じているからです。そのため、保護者や教職員は社会的に貢献できる仕事であることはわかってはいるものの、子どもたちにはあまりすすめたくないと思っているようです。

前向きなイメージを持っている人もいる

このように、ネガティブなイメージばかり先行している介護職ですが、前向きなイメージを持っている人もいます。高齢者をサポートする介護職の仕事は身体的にも精神的にも厳しいところはありますが、高齢者が生き生きと暮らす喜びを間近で感じることができます。また、「ありがとう」と日々の感謝を伝えてもらうことも多く、やりがいを感じながら働いています。

ヘルパーズ・ハイとは?

特集記事
  • 世間でのイメージは 世間でのイメージは

    なぜ介護職がネガティブなイメージが強いのかを詳しく解説しています。3Kとも言われている介護職ですが、そう思っているのは大人だけで中学生や高校生は社会貢献度が高い仕事だと考えています。

  • やりがいを感じる部分 やりがいを感じる部分

    つらく大変な仕事だと思われている介護職ですが、実際に働いている職員は日々やりがいを感じながら業務にあたっています。体力的な負担はありますが、人の役に立っていると実感できる喜びが大変さを大きく上回っています。

  • 理想の職場を見つけるなら「きらケア」 理想の職場を見つけるなら「きらケア」

    介護職として幸せを感じながら働きたいなら「きらケア」を利用して求人を探しましょう。介護業界に精通したアドバイザーが転職する前だけではなく入職後も手厚くサポートしてくれるので安心です。