【おすすめ記事】やりがいを感じる部分

介護職にしかない幸せがある

他の仕事にはない幸せがある

他の仕事にはない幸せがあるの記事一覧
  • やりがいを感じる部分

    やりがいを感じる部分

    介護職のやりがいについてまとめています。ネガティブなイメージが強い介護職ですが、仕事を続けられているのはそのイメージを大きく上回るほどのやりがいがあるからです。介護は自力で行動できない人を支援することですが、そのような人たちが介護を通じて回復する姿を見た時に人の役に立っていると実感でき、介護職として大きなやりがいを感じています。介護は信頼関係がなければ成り立ちません。楽しいことも苦しいことも分かち合いながら家族のように過ごす中で支援できることに介護職としての喜びや幸せを感じているのです。

    続きを見る
  • する側とされる側の幸せのリンク

    する側とされる側の幸せのリンク

    人に親切にしたら心が温かくなった経験がある人もいるかと思います。これは脳内で愛情と密接につながっているオキシトシンという神経物質が分泌されているからです。やる気を引き出すドーパミンも大量に分泌されるため、自分が親切にするよりも人に親切にした方が幸福度が上がり、心が温かくなるのです。この状態をヘルパーズ・ハイと言います。介護職の多くはヘルパーズ・ハイの状態で働いています。つらくて大変な部分がある介護職ですが、ヘルパーズ・ハイの効果もあり多幸感を感じながら働き続けることができているのです。

    続きを見る
  • やりすぎは害になる

    やりすぎは害になる

    ヘルパーズ・ハイになると多幸感を求めるあまり過剰な支援になってしまう可能性もあります。過剰な支援は要介護者の回復の芽を摘み取ってしまうため、回復そのものが遠ざかってしまいます。そのため、介護職は要介護者を過剰に支援していないか、先回りして手助けしていないかを考えながら介護していくことが大切です。もちろん、要介護者も自分の意思をくみ取った介護かどうかを見極めることも必要です。介護職が良かれと思ってしている行動でも、本人が望んでいない行動ならそれは過剰な支援です。

    続きを見る
  • 「介護」の概念について考える

    「介護」の概念について考える

    自力で行動できない人を支援するのが介護ですが、介護が必要だからといって自立できていないわけではありません。世間一般の自立と介護の自立では意味が異なるからです。なぜ解釈が違っているのか、それは日本語の「介護」は英語の「care」に比べて意味が狭いからです。階段に手すりをつける、車いすを押す、排泄の介助をする、など特定の行為を指す言葉が介護だと誤解している人も少なくありません。介護は個々の自立のために助け合うことです。自力で行動できない人のお世話をすることだけが介護ではないのです。

    続きを見る

ヘルパーズ・ハイとは?

特集記事
  • 世間でのイメージは 世間でのイメージは

    なぜ介護職がネガティブなイメージが強いのかを詳しく解説しています。3Kとも言われている介護職ですが、そう思っているのは大人だけで中学生や高校生は社会貢献度が高い仕事だと考えています。

  • やりがいを感じる部分 やりがいを感じる部分

    つらく大変な仕事だと思われている介護職ですが、実際に働いている職員は日々やりがいを感じながら業務にあたっています。体力的な負担はありますが、人の役に立っていると実感できる喜びが大変さを大きく上回っています。

  • 理想の職場を見つけるなら「きらケア」 理想の職場を見つけるなら「きらケア」

    介護職として幸せを感じながら働きたいなら「きらケア」を利用して求人を探しましょう。介護業界に精通したアドバイザーが転職する前だけではなく入職後も手厚くサポートしてくれるので安心です。